異人館アクセスマップ

山手八番館

更新日:

施設の紹介

塔状の家屋が3つ連なる風変わりな建築(チューダー様式)で入口上部のステンドグラスの美しさは格別。館内は近代彫刻の父ロダン、ブールデルの名作が並び、一室には東アフリカ、マコンデ族の異色の木彫や原始美術がたくさんある。

壁には、バロック時代の巨匠レンブラント、ドイツ・ルネッサンスの代表的な画家デューラー、18世紀イギリスの風刺画家ホーガースらの版画を展示。2階には、ガンダーラやタイなど日本の仏像のルーツとなる仏陀や菩薩像が厳かに鎮座。
彫刻と版画と仏像を3本の柱にした名観で、芸術の香り高い館だ。

おすすめポイント

彫刻は、ロダンの「ナルキッソス」、ブールデルの「自刻像」、ルノアールの「裸婦」など高名な美術家の作品がそろう。

版画では、デューラーの人間味のある「聖母子」がユニーク。
ホーガースの代表作「娼婦の遍歴」は6枚組で、物語をたどっていくと面白い。

仏像は、ガンダーラの「名仏」(3世紀)、タイの「仏頭」(13、14世紀頃)などが、それぞれ時代と地域を反映しており、仏教美術の研究にも欠かせない貴重な作品である。
TV放映以来、全国的に有名になったパワースポット「サターンの椅子」はここ!

施設詳細

住所 〒650-0002
神戸市中央区北野町2-20-7
TEL 078-222-0490
URL http://kobe-ijinkan.net/
ジャンル 公開異人館
入館料 ¥550-
営業時間 (4月~9月)9:30~18:00
(10月~3月)9:30~17:00
定休日 年中無休

サターンの椅子だけじゃない!山手八番館の魅力

Google map

-異人館アクセスマップ

Copyright© 北野異人館ネット , 2019 All Rights Reserved.