異人館マップ

坂の上の異人館(旧中国領事館)

更新日:

施設の紹介

中国の政治家・王兆銘(1883~1944年)が1940年、南京に親日政府を樹立したとき、中国領事館として神戸に建てた。

家具調度品、置物、美術品など中国製で統一され、当時をしのばせる。
なかでも美術品は、西周時代の古文化財から、現代の水墨画まで及び、芸術的にも、唯一オリエンタルムードに包まれている。

おすすめポイント

西周時代の銅鐸「百乳文鎮」には日本の銅鐸の原型が見える。
漢時代の「馬」 や宋時代の青磁にも焼きものの高度な手腕がのぞく。
さらに紫檀に精微な装飾を施したサロン・セットもぜいを極めている。

現代中国画壇の第一人者、王成喜の墨彩画「春」はこの館の絵画郡の中でもひときわ目立つ。
いずれにせよ、中国の芸術文化の実力をまざまざと見せてくれる。

施設詳細

住所 〒650-0002
神戸市中央区北野町2-18-2
TEL 0120-888-581
URL http://kobe-ijinkan.net/
ジャンル 公開異人館
入館料 ¥550-
営業時間 (4月~9月)9:30~18:00
(10月~3月)9:30~17:00
定休日 年中無休

Google map

-異人館マップ

Copyright© 北野異人館ネット , 2019 All Rights Reserved.