北野News

【Gallery Shimada】渡辺信子:色彩と空間の向こうの向こう1月8日(金)~2月2日(火)

更新日:


渡辺信子さんは枠に単色、あるいはストライプ柄の綿布を張り、きわめて簡素な構造からなる作品の制作を、1997年頃より開始する。
布の張力によって生み出された美しい曲面は表面の内側に入り込み、豊かな色彩の世界から作品の深い内面部へと鑑賞者を誘う。

現在は大阪に拠点を置きながらドイツ、フランス、韓国などでも精力的に発表を行っている。
1948年東京で生まれた渡辺信子は1971年に相愛女子大学音楽学部器楽学科ピアノ科卒業後
音楽家として出発、後に「具体美術協会」メンバーとの出会いをきっかけに美術作品の制作を始めた芸術家。
1997 年頃から制作がはじまった布を張る作品は、当初白一色で発表された後、めざましい進展と成熟をみせ、日本とドイツで数多く発表の機会を得ている。

作品の形、色彩などにも興味がわきますが、さらに、光によってできる影にも魅力を感じました。

ギャラリー島田は様々な交流が生まれ、多様なジャンルが交差することを願い、これまで多くの企画展を開催してきました。
見る人と作家どちらにも寄り添い、共に成長することを目指す素敵なギャラリーです。
そんなあたたかいギャラリー島田へ是非お越しください。


店舗詳細

住所 〒650-0003
神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL 078-262-8058
ジャンル アート
定休日 不定休
※会期、開廊時間につきましては、
下記リンクから各展覧会情報ページでご確認ください。
http://gallery-shimada.com/

 

アクセスマップ

-北野News

Copyright© 北野異人館ネット , 2021 All Rights Reserved.